格安チケットで大阪~名古屋が1500円

格安チケットといえば、航空券や切手にはがき類、映画・美術館にファストフードの優待券まで、様々なものが扱われていますが、やはりよく利用するのが鉄道の切符。特に大阪はターミナル駅には必ずと言っていいほど、駅敷地内にもチケットショップが並んでいます。正規料金では540円の大阪京都間が土日切符を買うと360円ほどだったり、私鉄も数十円から切符によっては往復100円以上安くなる場合もあって、美術館に行くときなど、前売りチケットと一緒に買うとちょっとお茶を飲むくらいの余裕が生まれたりしてとってもお得。

そんななか、時間はあるけどお金が無い、でも遠出したい。という場合にお奨めの格安チケットが、私鉄各社から出ている株主乗車券。どれもお得ですが、私が使ったのは難波名古屋間。奈良三重と県を2つ跨いでの移動ともなると、往復の交通費だけで馬鹿にならないですよね。それが、なんと1500円で行けちゃうんです。通常の特急なら4000円以上、その差2500円以上。通常の片道料金で、往復代を支払って1000円のおつりが来てしまうなんて破格です。

もちろん、特急券を別に買わないと特急が使えないので、時間はそれなりにかかるのと、乗り換えの手間は多少ありますが、そこは旅の醍醐味。本など読みながらゆったりとした時間の流れを楽しんだり、流れ行く車窓からの自然豊かな景色にほっとしてみたり。旅先での計画を練るのにも最適ですよ。交通費が浮く分、旅先でのグルメに回すとか、ちょっといい所に泊まるとか、楽しみも増えますよね。格安チケットでのちょっと旅、あなたもぜひ。